Win8.1 Updateの最近の記事

Windowsストアアプリ版Internet Explorerで、現在表示しているWebページをスタート画面にピン留めしたい場合には、以下のように操作します。
スタート画面のタイルとしてWebページ登録すれば、スタート画面からすばやく目的のWebページにアクセスできて便利です。


☆スタート画面にピン留めしたいWebページを表示します。アプリバーの「お気に入り」を表示します。「お気に入り」の右上にある「サイトをピン留め」ボタンをタップ/クリックします。

Surface(サーフェス)には、セキュリティ上の欠陥やプログラム上の問題が見つかった場合に、その修正パッチを入手するWindows Updateという仕組みがあります。
Windows Updateは設定で「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」を設定しておけば、重要なものは自動的にインストールされますが、環境上自動インストールを無効にしている場合、あるいは「重要な更新」以外のプログラムをインストールしたい場合には、以下の手順に従います。

○Windows Updateの実行

Surface(サーフェス)でWindows Updateを手動で実行するには/更新プログラムを選択してインストールするには
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「Windows Update」を選択します。「更新プログラムの確認」をタップ/クリックします。
Surface(サーフェス)のエディションやCPU、メモリ、タッチ対応などを確認したい場合には、以下のように操作します。


☆チャームから「設定」-「PC設定の変更」と選択します。

Surface(サーフェス)の標準設定では、画面の左上隅をポイントした際に「直前のアプリ」が表示されますが、デスクトップでウィンドウを最大化して作業しているときなど邪魔になる場合には、設定で停止することができます。


☆チャームから「設定」-「PC設定の変更」と選択します。

カスタマイズやシステムの確認などで、エクスプローラーで普段は表示できない、システム関連のフォルダー/ファイルを表示したいという場合があります。
たとえば、システムドライブのルートにある「pagefile.sys」や通常では表示されないシステムフォルダーなどを表示したい場合です。
これらを表示するには、以下の設定を適用します。

○設定手順

システム系のファイルやフォルダーをエクスプローラーに表示するには
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「フォルダーオプション」を選択します。「表示」タブを選択して「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をチェックした上で、「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」のチェックを外します。
パソコンに複数のモニターをつないだときに、モニターに任意の画面を映し出したい場合には、以下のように操作します。

○マルチモニターを切り替える方法

Surface(サーフェス)でマルチモニターを切り替える方法
☆「Windows」+「P」キーで「表示」を表示して、任意の表示を選択します。チャームの「デバイス」-「表示」と選択しても同様です。
Surface(サーフェス)では、デスクトップの様子を画面として保存できる「Snipping Tool」というツールが標準添付されています。
このツールを利用すれば、デスクトップの好きな部分を切り取ったり、画像をファイルとして保存することができます。

○「Snipping Tool」で自由切り取り画像を取得する

デスクトップを自由に切り取って画像として保存するには
☆アプリビューから「Snipping Tool」を選択します。
「ファイル名を指定して実行」は、アプリケーションやコントロールパネル項目を直接起動できるため、非常に便利です。
Surface(サーフェス)ではスタート画面にこの「ファイル名を指定して実行」があらかじめ存在しませんが、直接実行したい場合には以下に従います。

○「ファイル名を指定して実行」の表示

「ファイル名を指定して実行」をすぐに表示するには
☆デスクトップで「Windows」+「R」キーを入力します。「ファイル名を指定して実行」が表示されますので、任意のコマンドを入力します。
Surface(サーフェス)には、ウィンドウの操作方法がいくつかあります。それぞれマウスで操作する方法とショートカットキーで操作する方法の両方が用意されています。
ウィンドウを左右に並べて表示する方法を紹介します。

○ウィンドウを左右に並べて表示する方法

Surface(サーフェス)でウィンドウを左右に並べて表示する方法

Surface(サーフェス)でウィンドウを左右に並べて表示する方法
☆通常の位置にあるウィンドウのタイトル バーを握って、ディスプレイ画面の左端、もしくは右端へ指が画面の端、マウスポインターが端に触れるまでウィンドウをドラッグします。

Microsoft IMEでは、マウスで漢字を直接手書きして入力できる、「手書き入力」に対応しています。
この機能は、読みのわからない漢字を入力するときなどに便利ですが、「手書き入力」を実行するには以下の手順に従います。

○操作手順

Microsoft IMEで手書き入力をするには
☆通知領域の「入力モード」を長押しタップ/右クリックして、ショートカットメニューから「IMEパッド」をタップ/クリックします。
帰宅が早い人がやっている パソコン仕事 最強の習慣112 パソコン仕事 最強の習慣112
[はじめに] [目次] [お試しPDF]
本書を読めば、「一生役立つパソコンの習慣」を身につけることができます。 仕事が速い人は、無駄な操作をせず、最短で目的の操作を行います。 「仕事がなかなか終わらない」「1秒でも早く帰りたい」……そんな人は、 ぜひ本書をご一読ください。 業務の時短につながる役立つ習慣が満載です。
ポケット百科 Surface Pro (2017 5th) 知りたいことがズバッとわかる本 New Surface Pro 知りたいことがズバッとわかる本
新Surface Pro (2017 5th)の「本体機能(各種インターフェース、タッチディスプレイ、キックスタンド)」「周辺機器(タイプカバー、Surfaceペン、ワイヤレスディスプレイ、USB/Bluetoothデバイス等々)」「Windows 10(デスクトップ全般、画面スケッチ、日本語入力、省電力管理、各種最適化カスタマイズ等々)」「アプリ(Microsoft Office、OneNote、メール、カレンダー等々)」「モバイル(タッチ操作、タブレットモード、バーチャルタッチパッド等々)」「ネットワーク(Wi-Fi接続、OneDrive、スマホ連携等々)」「セキュリティ(PC管理、マルウェアスキャン、顔認証等々)」などの操作&設定&新機能に焦点をあてて、Surfaceならでこそのアドバンテージやテクニックを余すことなく解説します。
Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版 Windowsでできる小さな会社のLAN構築・運用ガイド 第3版
「小さな会社」では、「少しパソコンに詳しい」というだけで、社内パソコン全般の管理やメンテナンスを任されてしまいます。しかし、いくつものOSが混在した環境は、なんとなく管理者を任せられた人にとってとても厳しい状況です。 そこで本書では、専門知識のない「なんとなく管理者」をターゲットに、社内LAN構築・運用手法を徹底解説しました。Windows OSを用いるので、現行資産を有効に活用し、簡単&低コストで便利な社内LANを構築できます。本書を読めばあなたの会社のネットワークは万全です!
Windows 10上級リファレンス Windows 10上級リファレンス   
64ビットシステム/UEFIブート/システムカスタマイズ/モダンスタンバイ/プロセス管理/Windows To Go/ストレージ管理/Miracast/レジストリ/Windows - On - Windows64 (WOW64)/メンテナンス/グループポリシーetc Windowsを究める最高峰のウィンドウズ10解説書!! 
Windows 10 完全制覇パーフェクト Windows 10 完全制覇パーフェクト    → [■全目次一覧(内容詳細)■]
Microsoft MVPが教えるワンランク上の使い方! Windows 10の魅力をあますことなく解説!! 「スタートメニュー」「アクションセンター」「タブレットモード」「仮想デスクトップ」「ユニバーサルWindowsアプリ」「Microsoft Edge」「ファイル履歴」「BitLocker To Go」「Windows To Go」「Hyper-V」などの操作・カスタマイズ・概念・ショートカットキー等々を包括的に解説!!
    ※執筆/セミナー/インタビュー等のお問い合わせは メールアドレス toi2015★win7.jp(★を@に直してください)までお願いします。

ウェブページ

  • about