Windows 10 (Build10240 正式版)のピクチャログオン
Windows 10 (Build10240 正式版)ではサインインオプションとしてピクチャパスワードが可能だ。
これはいわゆる「パスワードをキーボードから入力するのが面倒くさい」というものぐさにはぴったりな機能で、任意の画像を用意したうえで、画像の任意部位をなぞることでパスワードを代用するもので、主にスレートPCにおけるタッチ操作では非常に有効だ。
ちなみに、マウス操作でも「ピクチャパスワード」の登録と実行は可能だが、「なぞり」にミスが出やすいため、やはりスレートPC向けといえる。

○「ピクチャパスワード」の設定
Windows 10 (Build10240 正式版)のピクチャログオン
スタートメニューから「設定」を選択。設定の「アカウント」-「サインインオプション」を選択。「ピクチャパスワード」欄の「追加」(一度設定している場合には、「変更」)をタップ/クリック。
「Windowsストア」で前の表示に戻りたい場合には、画面左上の「←」をタップ/クリックしますが、一発で簡単にホーム画面に戻りたい場合には、以下のように操作します。

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆「Windowsストア」の左上の「ホーム」をタップ/クリックします。

Microsoft IMEでは、マウスで漢字を直接手書きして入力できる、「手書き入力」に対応しています。
この機能は、読みのわからない漢字を入力するときなどに便利です。「手書き入力」を実行するには以下の手順に従います。

○操作手順

Microsoft IMEで手書き入力をするには
☆通知領域の「入力モード」を長押しタップ/右クリックして、ショートカットメニューから「IMEパッド」をタップ/クリックします。
表示設定変更直後などで、デスクトップ正常に画面が表示されない、あるいは画面がズレる場合には、「画面リフレッシュレート」の設定が適切ではない場合も考えられます。
アプローチ方法としては二つあり、まずディスプレイ側の調整機能で設定します。またそれでも直らない場合には、リフレッシュレート設定を変更します。

○ディスプレイの設定

☆ディスプレイの「AUTO」ボタン(画面調整ボタン)を押して、デスクトップ表示が正常になるか確認します。

○画面リフレッシュレートの設定

デスクトップ画面が正常に表示されない場合には
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「ディスプレイ」を選択します。「ディスプレイ」から「ディスプレイの設定の変更」をタップ/クリックします。
エクスプローラーの「ネットワーク」アイコンから、ネットワーク先にある各共有フォルダー(ホスト)にアクセスするには、ホスト、クライアントともに「ネットワーク探索」設定が有効になっている必要があります。

○設定手順

#Windows 10 (Build10240 正式版)でエクスプローラーの「ネットワーク」で共有フォルダーを表示するには
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「ネットワークと共有センター」を選択します。「ネットワークと共有センター」から「共有の詳細設定の変更」を選択します。

#Windows 10 (Build10240 正式版)でエクスプローラーの「ネットワーク」で共有フォルダーを表示するには
☆「ネットワーク検索」の「ネットワーク探索を有効にする」をチェックして「変更の保存」ボタンをタップ/クリックします。

Windows 10 (Build10240 正式版)では、デスクトップの様子を画面として保存できる「Snipping Tool」というアプリが標準添付されています。
このアプリを利用すれば、デスクトップの好きな部分を切り取り、画像をファイルとして保存することができます。

○「Snipping Tool」で自由切り取り画像を取得する

デスクトップを自由に切り取って画像として保存するには
☆スタートメニューのすべてのアプリから「Windowsアクセサリ」-「Snipping Tool」を選択します。

○Windows 10 (Build10240 正式版)で「新規フォルダー」を作成するショートカットキー

Windows 10 (Build10240 正式版)で「新規フォルダー」を作成するショートカットキー
☆デスクトップ上やエクスプローラーで「Ctrl」+「Shift」+「N」キーを押すと「新しいフォルダー」が出来上がります。

○Windows 10 (Build10240 正式版)で「新規フォルダー」を作成するリボン操作

Windows 10 (Build10240 正式版)で「新規フォルダー」を作成するショートカットキー
☆エクスプローラーの新規フォルダーを作りたい場所を開き、「ホーム」タブの「新規」内、「新しいフォルダー」をタップ/クリックします。
Windowsでは何もしない状態が一定時間経過すると自動的に「スリープ」に移行しますが、この「スリープまでの時間」を変更したい場合には、以下のように操作します。
なお、以下はコントロールパネルからの設定ですが、設定からも設定することができます。

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆コントロールパネルから「電源オプション」を選択します。タスクペインから「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」をタップ/クリックします。

Windows 10 (Build10240 正式版)では、データファイルをダブルタップ/ダブルクリックすると、アプリケーションが自動的に起動してデータファイルを開きますが、これが自分の意図しない(自分の望まない)アプリケーションで起動してしまう場合があります。
このような場合には、以下の手順で、ダブルタップ/ダブルクリックした際に任意のアプリケーションで起動するように設定を変更します。
なお、ダブルタップ/ダブルクリックした際に起動するアプリケーションは、「データファイルの拡張子」の文字列で決定します。

○設定手順

データファイルをダブルクリックしたときに開くアプリケーションを変更したい場合には
☆関連付けを変更したいデータファイルを長押しタップ/右クリックして、ショートカットメニューから「プログラムから開く」-「別のプログラムを選択」と選択します。
Windows 10 (Build10240 正式版)の標準設定では、「スクリーンセーバー」は設定されていません。
これは、表示デバイスとして「ブラウン管のモニタ」が利用されていた時代には、このブラウン管のモニタでは、長時間同じ画面を表示し続けると「焼きつく(電源を切っても画面が残ってしまう)」という現象があったため、その焼きつきを防止するための工夫として必要でした。
しかし、現在の液晶ディスプレイでは焼きつきという現象は存在しないため、機能としては必要ないのです。
それでも、任意にスクリーンセーバーを設定したい場合には、以下の設定に従います。

○設定手順

Windows 10 (Build10240 正式版)でスクリーンセーバーを設定するには
☆スタートメニューから「設定」を選択します。「設定」の「パーソナル設定」-「ロック画面」内、「スクリーンセーバー設定」をタップ/クリックします。

Windows 10 (Build10240 正式版)でスクリーンセーバーを設定するには
☆「スクリーンセーバーの設定」から任意のスクリーンセーバーを選択します。

最新記事

最新記事の検索

Windows関連サイト

ポケット百科WIDE Surface RT 知りたいことがズバッとわかる本 ポケット百科WIDE Surface RT 知りたいことがズバッとわかる本
  機能にフォーカスした場合、マルチディスプレイやUSBデバイス利用等々、iPadやNexusより優れる「Surface RT」の魅力や活用を丁寧に解説。Surface RTの優れたギミックはもちろん、Office 2013 RTの活用等々を解説。 [目次一覧]
Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻 Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻 Windows 8.1 Update完全対応! Surface/ InstantGo/ Miracast/ OneDrive/ 改変された基本操作とポリシー/ ラピッドリリース/ 指紋認証/ ドキュメント管理/ 8インチタブレット/ エクスペリエンスインデックス/ 従量制課金接続/ テザリング/ iOS&Android OSからのWindows OS活用 [目次一覧]
ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス! ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス![64bit&32bit&全エディション完全対応]
Microsoft MVPコンビが贈る 「進化&強化&変更された8.1」を徹底解説!!新操作&新機能&カスタマイズ&ショートカットキー等 必ず押さえたい新テクが満載! [目次一覧]
Windows 8.1完全制覇パーフェクト Windows [8.1] 完全制覇 パーフェクト ~32&64ビット完全対応!!
Microsoft MVPコンビが贈る Windows 8.1の解説書! 新しくなったスタート画面はもちろん、新機能の使いこなし、デスクトップ、アプリ、日本語入力、ネットワーク、ストレージ管理、カスタマイズ、メンテナンス等を包括的に解説!

ウェブページ

  • about