パソコン内の任意ファイルを、他のパソコン(クライアント)からネットワーク経由でアクセス可能にしたい場合には、「共有フォルダー設定」を行います。
「共有フォルダー設定」を行えば、Windowsシリーズの全てでファイル共有を行うことも可能です。 また、共有フォルダーを「読み取りのみ」にするか、「読み書きOK」にするかは、「Everyone」ユーザーアカウントに対して設定を行います。

○基本設定手順

共有フォルダーを設定して、各クライアントからのアクセスを読み取り専用にする/読み書きの許可を行うには
☆共有したいフォルダーを長押しタップ/右クリックしてショートカットメニューから「プロパティ」を選択します。
Windows 10 (Build10240 正式版)には、ウィンドウの操作方法がいくつかあります。それらには、それぞれタッチ/マウスで操作する方法とショートカットキーで操作する方法の両方が用意されています。
今回紹介するのは、アクティブなウィンドウを最大化する方法です。

○ウィンドウの最大化

Windows 10 (Build10240 正式版)でウィンドウを最大化する方法 ☆開いたウィンドウのタイトル バーをモニタ画面上部にドラッグします。マウス ポインターがモニタ画面の上部にふれるとウィンドウが最大化します。もしくは、タイトル バーをダブルタップ、「通常の選択」になっているマウスポインタでダブル クリックします。なお、ショートカットキーで行いたい場合は、「Windows」+「上矢印」キーを押します。

スタート画面に配置されるタイルは「グループ」ごとに分けられていますが、任意のグループに対してグループ名をつけたい場合には、以下のように操作します。
なお、操作手順はタッチ操作とマウス操作で異なり、以下はマウス操作の場合です。

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆スタート画面のグループ名が付くあたりをクリックします。


Windows 10 (Build10240 正式版)のピクチャログオン
Windows 10 (Build10240 正式版)ではサインインオプションとしてピクチャパスワードが可能だ。
これはいわゆる「パスワードをキーボードから入力するのが面倒くさい」というものぐさにはぴったりな機能で、任意の画像を用意したうえで、画像の任意部位をなぞることでパスワードを代用するもので、主にスレートPCにおけるタッチ操作では非常に有効だ。
ちなみに、マウス操作でも「ピクチャパスワード」の登録と実行は可能だが、「なぞり」にミスが出やすいため、やはりスレートPC向けといえる。

○「ピクチャパスワード」の設定
Windows 10 (Build10240 正式版)のピクチャログオン
スタートメニューから「設定」を選択。設定の「アカウント」-「サインインオプション」を選択。「ピクチャパスワード」欄の「追加」(一度設定している場合には、「変更」)をタップ/クリック。
デスクトップでタッチキーボードの位置を移動したい場合には、以下のように操作します。

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆タッチキーボードを固定している場合には、「固定解除」をタップ/クリックします。

Windows 10 (Build10240 正式版)

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆タッチキーボードの上部をドラッグします。タッチキーボードを自由な位置に移動できます。

「Windowsストア」でWindowsストアアプリをキーワードで探したい場合には、以下のように操作します。

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆「Windowsストア」をタップ/クリックします。

エクスプローラーで隠しファイル属性のファイルを表示したい場合には、以下のように操作します。

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆エクスプローラーの「表示」タブの「表示/非表示」内、「隠しファイル」をチェックします。

エクスプローラーのナビゲーションウィンドウ、あるいは保存ダイアログでフォルダー表示をした際に表示される「クイックアクセス」ですが、このリンクは一発で任意のフォルダーにジャンプすることができ、非常に便利です。
Windows 10 (Build10240 正式版)標準では「ダウンロード」「デスクトップ」が登録されていますが、ここに任意のフォルダーを登録したい場合には、以下の手順に従います。

○設定手順

エクスプローラーのプレビューウィンドウ「クイックアクセス」を編集するには
☆エクスプローラーを起動して、左ペインから「クイックアクセス」をタップ/クリックします。「クイックアクセス」の一覧が表示されます。

ファイルやフォルダーを長押しタップ/右クリックした際に表示される「送る」メニューですが、この「送る」にはあらかじめ使用頻度が高そうな項目が登録されており、指定のフォルダーやアプリケーションに「送る」ことができます。
この「送る」に任意のアプリケーションや送り先を登録したいという場合には、以下の手順で行えます。

○エクスプローラーから登録する

「送る」メニューに任意のアプリケーションや送り先のショートカットを登録するには
☆エクスプローラーを起動して、「C:」→「ユーザー」→「[ユーザー名]」→「AppData」と選択します。「AppData」フォルダーが表示されていない場合には、エクスプローラーの「表示」タブの「隠しファイル」にチェックをつけます。

表示設定変更直後などで、デスクトップ正常に画面が表示されない、あるいは画面がズレる場合には、「画面リフレッシュレート」の設定が適切ではない場合も考えられます。
アプローチ方法としては二つあり、まずディスプレイ側の調整機能で設定します。またそれでも直らない場合には、リフレッシュレート設定を変更します。

○ディスプレイの設定

☆ディスプレイの「AUTO」ボタン(画面調整ボタン)を押して、デスクトップ表示が正常になるか確認します。

○画面リフレッシュレートの設定

デスクトップ画面が正常に表示されない場合には
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「ディスプレイ」を選択します。「ディスプレイ」から「ディスプレイの設定の変更」をタップ/クリックします。

最新記事の検索

最新記事

Windows関連サイト

ポケット百科WIDE Surface RT 知りたいことがズバッとわかる本 ポケット百科WIDE Surface RT 知りたいことがズバッとわかる本
  機能にフォーカスした場合、マルチディスプレイやUSBデバイス利用等々、iPadやNexusより優れる「Surface RT」の魅力や活用を丁寧に解説。Surface RTの優れたギミックはもちろん、Office 2013 RTの活用等々を解説。 [目次一覧]
Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻 Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻 Windows 8.1 Update完全対応! Surface/ InstantGo/ Miracast/ OneDrive/ 改変された基本操作とポリシー/ ラピッドリリース/ 指紋認証/ ドキュメント管理/ 8インチタブレット/ エクスペリエンスインデックス/ 従量制課金接続/ テザリング/ iOS&Android OSからのWindows OS活用 [目次一覧]
ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス! ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス![64bit&32bit&全エディション完全対応]
Microsoft MVPコンビが贈る 「進化&強化&変更された8.1」を徹底解説!!新操作&新機能&カスタマイズ&ショートカットキー等 必ず押さえたい新テクが満載! [目次一覧]
Windows 8.1完全制覇パーフェクト Windows [8.1] 完全制覇 パーフェクト ~32&64ビット完全対応!!
Microsoft MVPコンビが贈る Windows 8.1の解説書! 新しくなったスタート画面はもちろん、新機能の使いこなし、デスクトップ、アプリ、日本語入力、ネットワーク、ストレージ管理、カスタマイズ、メンテナンス等を包括的に解説!

ウェブページ

  • about