ドラッグアンドドロップによるファイルのコピーや移動操作は複数のファイル選択等が絡むと「Ctrl」や「Shift」を押すタイミングが難しく、またドロップ先を間違えてしまう可能性もあります。
このようなドラッグアンドドロップによる不確定な操作を避けたければ、エクスプローラーの「リボンによる移動操作」を利用します。

○移動手順

Windows 10 (Build10240 正式版)でリボンでファイルやフォルダーを移動するには(ドラッグアンドドロップ以外のコピー操作)
☆エクスプローラーで移動したいファイルやフォルダーをあらかじめ選択しておきます。「ホーム」タブから「整理」内、「移動先」をタップ/クリックします。

Windows 10 (Build10240 正式版)でリボンでファイルやフォルダーを移動するには(ドラッグアンドドロップ以外のコピー操作)
☆ドロップダウンから、任意の移動先をタップ/クリックします。ドロップダウンに任意の移動先がない場合には、「場所の選択」をタップ/クリックし移動先を指定し、「移動」をタップ/クリックします。

Windows 10 (Build10240 正式版)でリボンでファイルやフォルダーを移動するには(ドラッグアンドドロップ以外のコピー操作)
☆選択したアイテムが指定フォルダーに移動します。

Windows 10 (Build10240 正式版)のセキュリティ対策には様々な要素があります。セキュリティの状態を確認するには「アクションセンター」が最適です。
アクションセンターでは、セキュリティ要素に問題があると通知領域に警告表示します。

○セキュリティの確認

セキュリティ状態をチェックしてWindows 10 (Build10240 正式版)を安全に運用するには
☆セキュリティを確認するには、コントロールパネル(アイコン表示)から「セキュリティとメンテナンス」を選択します。
Windows 10 (Build10240 正式版)ではタスクバーによく使うアプリをピン留めして配置することにより、スムーズなデスクトップアプリの起動ができるようになります。アプリをタスクバーにピン留めする方法を紹介します。

○スタートメニューからピン留めする方法

Windows 10 (Build10240 正式版)でアプリをタスクバーに常時表示する方法
☆スタートメニューからタスクバーに常時表示させておきたいアプリを長押しタップ/右クリックします。マウス操作の場合にはメニューから「タスクバーにピン留めする」をクリックします。タッチ操作の場合には右下の「...」をタップし、「その他のオプション」-「タスクバーにピン留めする」をタップします。

Windows 10 (Build10240 正式版)ではウィンドウを画面の端にドラッグすることで、ウィンドウの変形を行うことができます(ウィンドウのスナップ)。
しかし、モバイルPCでのトラック ポイント操作では、この自動的なウィンドウ変形が邪魔になる場面があります。ウィンドウの「スナップ」や「シェイク」が不要な場合には、以下の設定を適用します。

○ウィンドウをドラッグするとサイズが変わるのを止める方法

Windows 10 (Build10240 正式版)でウィンドウをドラッグするとサイズが変わるのを止める方法
☆「Windows」+「U」 キーを押して「コンピューターの簡単操作センター」を開き「マウスを使いやすくします」をタップ/クリック。

デスクトップ上に表示されているウィンドウをすべて透明化する方法を紹介します。

○デスクトップ上に表示されているウィンドウをすべて透明化

Windows 10 (Build10240 正式版)のデスクトップ上に表示されているウィンドウをすべて透明化する方法
☆タスク バーの時計の右側にある領域を右クリックし、メニューから「デスクトップのプレビュー」にチェックをつけます。

旧来Windowsでは、フォルダーを開いた状態でWindowsを終了すると、次回起動時に開いていたフォルダーがデスクトップに復元されました。
この次回起動時に開いていたフォルダーの復元をWindows 10 (Build10240 正式版)のデスクトップで実現したい場合には、以下の設定を行うようにします。

○設定手順

デスクトップ上で、Windows 10 (Build10240 正式版)終了時に開いていたフォルダーを復元したい場合には
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「エクスプローラーのオプション」を選択します。「表示」タブ、「ログオン時に以前のフォルダーウィンドウを表示する」をチェックします。
Windows 10 (Build10240 正式版)のエディションやCPU、メモリ、タッチ対応などを確認したい場合には、以下のように操作します。

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆スタートメニューから「設定」と選択します。

Windows 10 (Build10240 正式版)のInternet Explorerの動作が不安定になった場合や、数々のカスタマイズの後にやはり規定値に戻したい場合には、Internet Explorerの設定をリセットするようにします。
標準設定に戻すことにより、Internet Explorerの動作が安定するようになります。

○設定手順

Internet Explorerの動作が不安定になった場合の対処
☆現在起動中のInternet Explorerをすべて閉じます。
タッチ操作でのタイルの大きさの変更、タイル移動などスタート画面のカスタマイズの多くは「カスタマイズモード」から実行するようになりました。
なお、操作手順はタッチ操作とマウス操作で異なり、以下はタッチ操作の場合です。

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆スタート画面の任意のタイルを長押しタップします。

液晶ディスプレイの場合、画面は「明確な点(ドット)」で構成されている関係で、斜めの線を表示した場合などには、ジャギー(ガタガタ)が目立ちます。
特に斜めの線が多い、文字表示については顕著なのですが、Windows 10 (Build10240 正式版)にはフォントの縁を滑らかにする設定があります。
なお、このような処理はアンチエイリアスといい、ガタガタの部分に中間色を埋めるような形でエッジを滑らかにします。処理的には負担がかかりますので、美しさを求める場合には有効に、デスクトップパフォーマンスを求める場合には無効にするとよいでしょう。

○設定手順

ディスプレイに表示されるフォントの縁を滑らかにするには
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「ディスプレイ」を選択します。「ClearTypeテキストの調整」をタップ/クリックします。

ポケット百科WIDE Surface RT 知りたいことがズバッとわかる本 ポケット百科WIDE Surface RT 知りたいことがズバッとわかる本
  機能にフォーカスした場合、マルチディスプレイやUSBデバイス利用等々、iPadやNexusより優れる「Surface RT」の魅力や活用を丁寧に解説。Surface RTの優れたギミックはもちろん、Office 2013 RTの活用等々を解説。 [目次一覧]
Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻 Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻 Windows 8.1 Update完全対応! Surface/ InstantGo/ Miracast/ OneDrive/ 改変された基本操作とポリシー/ ラピッドリリース/ 指紋認証/ ドキュメント管理/ 8インチタブレット/ エクスペリエンスインデックス/ 従量制課金接続/ テザリング/ iOS&Android OSからのWindows OS活用 [目次一覧]
ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス! ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス![64bit&32bit&全エディション完全対応]
Microsoft MVPコンビが贈る 「進化&強化&変更された8.1」を徹底解説!!新操作&新機能&カスタマイズ&ショートカットキー等 必ず押さえたい新テクが満載! [目次一覧]
Windows 8.1完全制覇パーフェクト Windows [8.1] 完全制覇 パーフェクト ~32&64ビット完全対応!!
Microsoft MVPコンビが贈る Windows 8.1の解説書! 新しくなったスタート画面はもちろん、新機能の使いこなし、デスクトップ、アプリ、日本語入力、ネットワーク、ストレージ管理、カスタマイズ、メンテナンス等を包括的に解説!

ウェブページ

  • about

最新記事の検索

最新記事

Windows関連サイト