ビジネス環境などで該当パソコンの共有フォルダーに、他のパソコンからアクセスして作業するような状態の場合、該当パソコンの電源操作(シャットダウンや再起動)を実行されてしまうと、困ることになります。
該当パソコンに触るオペレータが勝手に電源操作を行えないようにするためには、電源関連操作を消去して、ユーザーによる電源操作を抑止します。

○設定手順

Windowsの終了/再起動操作を抑止するには
☆「ファイル名を指定して実行」に「GPEDIT.MSC」と入力して「Enter」キーを押します。「ローカルグループポリシーエディター」が起動します。
Internet Explorerで現在表示しているWebページを印刷したい場合には、以下のように操作します。

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆Internet Explorerで任意のWebサイトを表示します。「Alt」キーを入力しメニューバーを表示します。「ファイル」-「印刷」と選択します。

パソコンに複数のモニタをつないだときに、モニタに任意の画面を映し出したい場合には、以下のように操作します。

○マルチモニターを切り替える方法

Windows 10 (Build10240 正式版)でマルチモニターを切り替える方法
☆「Windows」+「P」キーで「表示」を表示して、任意の表示を選択します。
Windows 10 (Build10240 正式版)でコントロールパネルを表示するには、以下のように操作します。


デスクトップでショートカットキー「WIN」+「X」→「P」を入力します。

Windows 10 (Build10240 正式版)では、標準では表示されていない「コンピューター」「ネットワーク」「ユーザーのファイル」などのアイコンですが、以下の設定で表示することも可能です。

○設定手順

デスクトップに「コンピューター」「ネットワーク」「コントロールパネル」などのアイコンを表示するには
☆スタートメニューから「設定」を選択します。「パーソナル設定」をタップ/クリックします。「パーソナル設定」から「テーマ」を選択し、「デスクトップアイコンの設定」をタップ/クリックします。
「アクションセンター」は、Windows 10 (Build10240 正式版)のセキュリティやメンテナンスを通知してくれるツールですが、警告が不要(わずらわしい)場合があります。
セキュリティやメンテナンス設定を熟知している状況で、「アクションセンター」警告を抑止するには以下の設定に従います。

○設定手順

セキュリティセンターの警告を抑止するには
☆コントロールパネルの「セキュリティとメンテナンス」を選択します。「セキュリティとメンテナンスの設定を変更」をタップ/クリックします。

「ファイル名を指定して実行」は、アプリケーションやコントロールパネル項目を直接起動できるため、非常に便利です。
Windows 10 (Build10240 正式版)ではスタートメニューに「ファイル名を指定して実行」がありますが、表示するには少し面倒です。直接実行したい場合には以下に従います。

○「ファイル名を指定して実行」の表示

「ファイル名を指定して実行」をすぐに表示するには
☆デスクトップでショートカットキー「Win」+「R」キーを入力します。「ファイル名を指定して実行」が表示されますので、任意のコマンドを入力します。
ドラッグアンドドロップによるファイルのコピーや移動操作は複数のファイル選択等が絡むと「Ctrl」や「Shift」を押すタイミングが難しく、またドロップ先を間違えてしまう可能性もあります。
このようなドラッグアンドドロップによる不確定な操作を避けたければ、エクスプローラーの「リボンによる移動操作」を利用します。

○移動手順

Windows 10 (Build10240 正式版)でリボンでファイルやフォルダーを移動するには(ドラッグアンドドロップ以外のコピー操作)
☆エクスプローラーで移動したいファイルやフォルダーをあらかじめ選択しておきます。「ホーム」タブから「整理」内、「移動先」をタップ/クリックします。

Windows 10 (Build10240 正式版)でリボンでファイルやフォルダーを移動するには(ドラッグアンドドロップ以外のコピー操作)
☆ドロップダウンから、任意の移動先をタップ/クリックします。ドロップダウンに任意の移動先がない場合には、「場所の選択」をタップ/クリックし移動先を指定し、「移動」をタップ/クリックします。

Windows 10 (Build10240 正式版)でリボンでファイルやフォルダーを移動するには(ドラッグアンドドロップ以外のコピー操作)
☆選択したアイテムが指定フォルダーに移動します。

ユーザードキュメント(ユーザーのファイル)のターゲットフォルダーロケーション(「ドキュメント」や「デスクトップ」の実際の保存場所)を変更したければ、以下の手順に従って設定します。
「お気に入り」「ダウンロード」など、ほとんどのユーザードキュメントの保存場所を、Windows 10 (Build10240 正式版)ではエクスプローラーから変更することが可能です。
なお、ライブラリは仮想フォルダーなので、位置を変更できません。

○移動手順

ドキュメント系のターゲットフォルダーを移動するには
☆「WIN」+「E」キーでエクスプローラーを起動し「PC」を選択します。「Cドライブ」-「ユーザー」-「(ユーザー名)」と選択します。移動したいユーザードキュメントを長押しタップ/右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。
Windows 10 (Build10240 正式版)では、しばらくデスクトップ操作しないで画面を放置しておくと、自動的にWindowsがスリープ状態になります。
スリープ状態は省電力という意味では便利な機能ですが、再び作業を行いたい場合に復帰にやや時間を要するほか、スリープからの復帰はシステム環境によってはうまく復帰できず、作業途中のデータを破棄してしまうことにもなりかねません。
自動的にスリープ状態になることを抑止したい場合には、以下の設定を行います。

○スリープ後の再開

スリープ状態になったWindows 10 (Build10240 正式版)は、環境によって「ハイブリッドスリープ」が適用されます。しかし、一部のマザーボードはこのハイブリッドスリープと相性が悪く、デスクトップに復帰できないこともあります。

○設定手順

勝手にスリープ状態にならないようにするには
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「電源オプション」を選択します。「電源オプション」から「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」をタップ/クリックします。

最新記事

最新記事の検索

Windows関連サイト

ポケット百科WIDE Surface RT 知りたいことがズバッとわかる本 ポケット百科WIDE Surface RT 知りたいことがズバッとわかる本
  機能にフォーカスした場合、マルチディスプレイやUSBデバイス利用等々、iPadやNexusより優れる「Surface RT」の魅力や活用を丁寧に解説。Surface RTの優れたギミックはもちろん、Office 2013 RTの活用等々を解説。 [目次一覧]
Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻 Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻 Windows 8.1 Update完全対応! Surface/ InstantGo/ Miracast/ OneDrive/ 改変された基本操作とポリシー/ ラピッドリリース/ 指紋認証/ ドキュメント管理/ 8インチタブレット/ エクスペリエンスインデックス/ 従量制課金接続/ テザリング/ iOS&Android OSからのWindows OS活用 [目次一覧]
ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス! ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス![64bit&32bit&全エディション完全対応]
Microsoft MVPコンビが贈る 「進化&強化&変更された8.1」を徹底解説!!新操作&新機能&カスタマイズ&ショートカットキー等 必ず押さえたい新テクが満載! [目次一覧]
Windows 8.1完全制覇パーフェクト Windows [8.1] 完全制覇 パーフェクト ~32&64ビット完全対応!!
Microsoft MVPコンビが贈る Windows 8.1の解説書! 新しくなったスタート画面はもちろん、新機能の使いこなし、デスクトップ、アプリ、日本語入力、ネットワーク、ストレージ管理、カスタマイズ、メンテナンス等を包括的に解説!

ウェブページ

  • about