Windows 10 (Build10240 正式版)では、しばらくデスクトップ操作しないで画面を放置しておくと、自動的にWindowsがスリープ状態になります。
スリープ状態は省電力という意味では便利な機能ですが、再び作業を行いたい場合に復帰にやや時間を要するほか、スリープからの復帰はシステム環境によってはうまく復帰できず、作業途中のデータを破棄してしまうことにもなりかねません。
自動的にスリープ状態になることを抑止したい場合には、以下の設定を行います。

○スリープ後の再開

スリープ状態になったWindows 10 (Build10240 正式版)は、環境によって「ハイブリッドスリープ」が適用されます。しかし、一部のマザーボードはこのハイブリッドスリープと相性が悪く、デスクトップに復帰できないこともあります。

○設定手順

勝手にスリープ状態にならないようにするには
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「電源オプション」を選択します。「電源オプション」から「コンピューターがスリープ状態になる時間を変更」をタップ/クリックします。
Windows 10 (Build10240 正式版)で終了/再起動を抑止する方法を説明しましたが、実際に就業時間の終了やシステム改変時などにWindows 10 (Build10240 正式版)のシャットダウンや再起動を行いたい場面はもちろんあります。
このような場合には、コマンドプロンプトから電源操作を実行することができます。また、この手順はリモートデスクトップでの電源操作にも有効です。

○設定手順

コマンドプロンプトで電源操作を行うには(終了操作を抑止した状態でWindows 10 (Build10240 正式版)を終了するには)
☆「ファイルを指定して実行」に「CMD」と入力して「Enter」キーを押します。「コマンドプロンプト」が起動します。


コマンドプロンプトで電源操作を行うには(終了操作を抑止した状態でWindows 10 (Build10240 正式版)を終了するには)
☆コマンドプロンプト上で、「SHUTDOWN /[任意コマンド]」と入力します。任意コマンドについては、下表を参照してください。
Windows 10 (Build10240 正式版)の現在起動中のプログラムは、タスクバー上のアイコンをマウスで押さえるとそのプログラムのサムネイルが表示されます。そのサムネイルを利用して複数起動しているプログラムを簡単に切り替える方法を紹介しましょう。

○複数起動しているプログラムを切り替える方法

Windows 10 (Build10240 正式版)で複数起動しているプログラムを切り替える方法
☆デスクトップにウィンドウをいくつか配置します。現在起動しているプログラムのタスクバーアイコンをマウスで押さえるとそのプログラムのサムネイルが表示されます。

セキュリティやネットワーク機能の活用を考えても、ユーザーアカウントにパスワードを設定するのは基本です(Windowsネットワークでは、ユーザーアカウントにパスワードを設定していないと、有効にならない機能が多くあります)。
ユーザーアカウントにパスワードを設定すると、Windows 10 (Build10240 正式版)起動時にユーザーアカウントの選択とパスワード入力を実行しないと、デスクトップ画面を表示することができませんが、このパスワード入力が面倒、という場合には以下に従って設定します。
Windows 10 (Build10240 正式版)で自動的にパスワードを入力してサインインするには
「ファイル名を指定して実行」は、各種コマンド入力して実行できるため、非常に便利なのですが、この「ファイル名を指定して実行」をスタートメニューに表示したい場合には、以下の方法があります。

○設定手順

$$$Windows 10 (Build10240 正式版)でスタートメニューに「ファイル名を指定して実行」を表示するには
☆スタートメニューのすべてのアプリから「Windowsシステムツール」-「ファイル名を指定して実行」を長押しタップ/右クリックし選択します。「スタート画面にピン留めする」を選択します。

$$$Windows 10 (Build10240 正式版)でスタート画面に「ファイル名を指定して実行」を表示するには
☆スタート画面に「ファイル名を指定して実行」タイルが表示されます。



$$$Windows 10 (Build10240 正式版)でスタート画面に「ファイル名を指定して実行」を表示するには
☆もしくはアプリアイコンをスタート画面側にドラッグ&ドロップします。

内容が連続したファイルなどでは、ファイル名に連番を入れたいという場合があります。
このような場合、エクスプローラーで特殊なリネーム操作を行うことにより、ファイル名に連番を付加することが可能です。

○操作手順

ファイル/フォルダーを連番の名称に変更するには
☆ファイル名を連番化したい、複数のファイルを選択します。
Windows 10 (Build10240 正式版)ではファイルを開かなくても中身がわかるように、画像ファイルなどは縮小版が表示されます。
しかし、この縮小表示がエクスプローラーで表示されない場合には、以下の手順に従って、設定、対処を行います。

◎縮小表示が実行されていない状態

ファイルの縮小表示が正しく表示されない場合には
☆エクスプローラーで縮小表示がなく、アイコン表示になっています。
タッチ対応ディスプレイでタッチを調整したい場合には、以下のように操作します。

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆コントロールパネルから「タブレットPC設定」を選択します。

パソコンの調子がおかしい場合には、アクション センターにある「トラブルシューティング」を使います。Windows 10 (Build10240 正式版) のトラブルシューティングを使うと、問題点を検出し、パソコンの設定がおかしくなっている場合は自動的に問題を解消することができます。
Windows 10 (Build10240 正式版)でトラブルシューティングを実行する
☆コントロールパネルから「セキュリティとメンテナンス」を開き「トラブルシューティング」をタップ/クリックします。

スタートメニューの色はWindows 8では独自に設定することができましたが、Windows 10ではタスクバーやウィンドウの設定した色と同じ色になるようになっています。 スタートメニューの色をカスタマイズしたい場合には、以下のように操作します。

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆スタートメニューから「設定」を選択します。「パーソナル設定」と選択します。

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆「パーソナル設定」から「色」と選択します。「スタート、タスクバー、アクションセンターに色を付ける」をオンにします。


ポケット百科WIDE Surface RT 知りたいことがズバッとわかる本 ポケット百科WIDE Surface RT 知りたいことがズバッとわかる本
  機能にフォーカスした場合、マルチディスプレイやUSBデバイス利用等々、iPadやNexusより優れる「Surface RT」の魅力や活用を丁寧に解説。Surface RTの優れたギミックはもちろん、Office 2013 RTの活用等々を解説。 [目次一覧]
Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻 Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻 Windows 8.1 Update完全対応! Surface/ InstantGo/ Miracast/ OneDrive/ 改変された基本操作とポリシー/ ラピッドリリース/ 指紋認証/ ドキュメント管理/ 8インチタブレット/ エクスペリエンスインデックス/ 従量制課金接続/ テザリング/ iOS&Android OSからのWindows OS活用 [目次一覧]
ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス! ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス![64bit&32bit&全エディション完全対応]
Microsoft MVPコンビが贈る 「進化&強化&変更された8.1」を徹底解説!!新操作&新機能&カスタマイズ&ショートカットキー等 必ず押さえたい新テクが満載! [目次一覧]
Windows 8.1完全制覇パーフェクト Windows [8.1] 完全制覇 パーフェクト ~32&64ビット完全対応!!
Microsoft MVPコンビが贈る Windows 8.1の解説書! 新しくなったスタート画面はもちろん、新機能の使いこなし、デスクトップ、アプリ、日本語入力、ネットワーク、ストレージ管理、カスタマイズ、メンテナンス等を包括的に解説!

ウェブページ

  • about

最新記事

最新記事の検索

Windows関連サイト