「システムの復元」では自動的に「復元ポイント」を作成します。
具体的には、Windows Update実行前やデバイスドライバ更新前に自動的で作成されますが、手動で作成したい場合には、以下の手順で作成することができます。

○操作手順

システムの復元ポイントを手動で作成するには
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「システム」を選択します。「システム」のタスクペインで「システムの保護」をタップ/クリックします。

タスクバーに常時表示されているプログラムアイコン。このプログラムを起動させたい場合、タップ/クリックするだけです。この他、ショートカットキーでも起動させることができます。

○タスク バーに置いてあるプログラムをショートカットキー起動

Windows 10 (Build10240 正式版)でタスク バーに置いてあるプログラムをショートカットキーで起動
☆タスクバーに置いてあるプログラムを起動させたい場合は、「Windows」+「任意の数字」キーを押します。例えば、上記画像の場合「Windows」+「1」キーを押すと、「タスク バー」の一番左端においてあるショートカットである「Microsoft Edge」が起動します。そして、「Windows」+「2」キー を押すと左から2番目に置いてあるショートカットである「エクスプローラー」が起動します。
デスクトップでタッチキーボードの位置を移動したい場合には、以下のように操作します。

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆タッチキーボードを固定している場合には、「固定解除」をタップ/クリックします。

Windows 10 (Build10240 正式版)

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆タッチキーボードの上部をドラッグします。タッチキーボードを自由な位置に移動できます。

Internet Explorerでは閲覧したWeb情報はPC内に「履歴」「キャッシュ」などの形で保存されますが、これらの情報を保存しないでWebサイトをブラウズしたい場合には、「InPrivate ブラウズ」を利用します。

○「InPrivate ブラウズ」を起動する

アドオン関連のトラブルを回避してInternet Explorerを起動するには
☆Internet Explorerを起動します。「Alt」キーを押し、メニューバーの「ツール」-「InPrivate ブラウズ」をタップ/クリックします。
Windows 10 (Build10240 正式版)の共有フォルダー設定では、ユーザーアカウントのアクセス設定を行うことが可能です。
以下では、各ユーザーアカウントに対してアクセス制御を行う設定を紹介しますが、この設定を行うには、あらかじめ「ホスト(共有する)側」でユーザーアカウントを作成しておく必要があり、またユーザーアカウントには必ずパスワードが必要です。

○設定手順

共有フォルダーでユーザーアカウントのアクセス制限設定を行うには
☆「~のアクセス許可」ダイアログで、「Everyone」にカーソルを合わせ「削除」ボタンをタップ/クリックします(すべてのユーザーアカウントに対して一度アクセスを禁止設定にします)。
Windows 10 (Build10240 正式版)のデスクトップを複数のユーザーで使い分けたい、あるいはネットワーク機能で任意のユーザーアカウントに対して接続許可設定を行いたい場合には、「ユーザーアカウント」を任意に作成しておく必要があります。
以下では、ユーザーアカウントの作成手順を説明します。

○作成手順

Windows 10 (Build10240 正式版)で新しいユーザーアカウントを作成するには
☆設定の「アカウント」-「家族とその他のユーザー」を選択します。「その他のユーザーをこのPCに追加」をタップ/クリックします。

プログラムを「管理者として実行」で起動させたい場合、Windows Vistaではそのプログラムのショートカットで右クリックし「管理者として実行」を選択して行っていました。しかし、Windows 10 (Build10240 正式版)のタスクバー上で右クリックしてもジャンプリストが表示されてしまい「管理者として実行」が表示されません。そんな場合の「管理者として実行」を行う方法です。

○タスクバーにあるプログラムを「管理者として実行」で起動する方法

Windows 10 (Build10240 正式版)でタスクバーにあるプログラムを「管理者として実行」で起動する方法
☆Windows 10 (Build10240 正式版)のタスクバー上で長押しタップ/右クリックするとジャンプリストが表示されてしまい、通常のコンテキストメニューは表示されません。

スタート画面を「すべてのアプリ」を表示したい場合には、以下のように操作します。

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆スタートボタンをタップ/クリックし、スタートメニューを表示します。

Windows 10 (Build10240 正式版)の標準設定ではファイルの「拡張子」が表示されない設定になっていますが、セキュリティを考えても拡張子は表示することが推奨されます。
拡張子を表示するには、以下の設定を適用します。

○設定方法

Windows 10 (Build10240 正式版)で拡張子を表示するには
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「エクスプローラーのオプション」を選択します。
ロック画面でフォトフレームのように写真のスライドショー表示したい場合には、以下のように操作します。

Windows 10 (Build10240 正式版)
☆スタートメニューから「設定」をタップ/クリックします。

ポケット百科WIDE Surface RT 知りたいことがズバッとわかる本 ポケット百科WIDE Surface RT 知りたいことがズバッとわかる本
  機能にフォーカスした場合、マルチディスプレイやUSBデバイス利用等々、iPadやNexusより優れる「Surface RT」の魅力や活用を丁寧に解説。Surface RTの優れたギミックはもちろん、Office 2013 RTの活用等々を解説。 [目次一覧]
Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻 Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻 Windows 8.1 Update完全対応! Surface/ InstantGo/ Miracast/ OneDrive/ 改変された基本操作とポリシー/ ラピッドリリース/ 指紋認証/ ドキュメント管理/ 8インチタブレット/ エクスペリエンスインデックス/ 従量制課金接続/ テザリング/ iOS&Android OSからのWindows OS活用 [目次一覧]
ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス! ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス![64bit&32bit&全エディション完全対応]
Microsoft MVPコンビが贈る 「進化&強化&変更された8.1」を徹底解説!!新操作&新機能&カスタマイズ&ショートカットキー等 必ず押さえたい新テクが満載! [目次一覧]
Windows 8.1完全制覇パーフェクト Windows [8.1] 完全制覇 パーフェクト ~32&64ビット完全対応!!
Microsoft MVPコンビが贈る Windows 8.1の解説書! 新しくなったスタート画面はもちろん、新機能の使いこなし、デスクトップ、アプリ、日本語入力、ネットワーク、ストレージ管理、カスタマイズ、メンテナンス等を包括的に解説!

ウェブページ

  • about

最新記事の検索

最新記事

Windows関連サイト