Windows 10 (Build10240 正式版)の最近の記事

Windows 10 (Build10240 正式版)のエディションには、32bit版と64bit版の2種類のシステムがあります。
お使いのWindows 10 (Build10240 正式版)がどちらのシステムかがわからない場合や、アプリケーション導入時に64bitと32bitのインストーラーが異なる場合などは、以下の手順で確認することができます。

○システムビット数(32bit版か64bit版か)を確認する方法

Windows 10 (Build10240 正式版)のシステムビット数(32bit版か64bit版か)を確認する方法
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「システム」を選択します。あるいはショートカットキー「Windows」+「Pause」キーを押します。「コンピューターの基本的な情報の表示」が開きます。「システムの種類」に「64 ビット オペレーティング システム」と記述されていたら、Windows 10 (Build10240 正式版)は「64Bit版」です。「システムの種類」に「32 ビット オペレーティング システム」と記述されていたら、Windows 10 (Build10240 正式版)は「32Bit版」です。

Windows 10 (Build10240 正式版)のシステムビット数(32bit版か64bit版か)を確認する方法
☆また、スタートメニューから「設定」を選択します。「設定」の「システム」-「バージョン情報」でも確認することができます。

Windows 10 (Build10240 正式版)では、データファイルをダブルタップ/ダブルクリックすると、アプリケーションが自動的に起動してデータファイルを開きますが、これが自分の意図しない(自分の望まない)アプリケーションで起動してしまう場合があります。
このような場合には、以下の手順で、ダブルタップ/ダブルクリックした際に任意のアプリケーションで起動するように設定を変更します。
なお、ダブルタップ/ダブルクリックした際に起動するアプリケーションは、「データファイルの拡張子」の文字列で決定します。

○設定手順

データファイルをダブルクリックしたときに開くアプリケーションを変更したい場合には
☆関連付けを変更したいデータファイルを長押しタップ/右クリックして、ショートカットメニューから「プログラムから開く」-「別のプログラムを選択」と選択します。
カスタマイズやシステムの確認などで、エクスプローラーで普段は表示できない、システム関連のフォルダー/ファイルを表示したいという場合があります。
たとえば、システムドライブのルートにある「pagefile.sys」や通常では表示されないシステムフォルダーなどを表示したい場合です。
これらを表示するには、以下の設定を適用します。

○設定手順

システム系のファイルやフォルダーをエクスプローラーに表示するには

システム系のファイルやフォルダーをエクスプローラーに表示するには
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「エクスプローラーのオプション」を選択します。「表示」タブを選択して「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をチェックした上で、「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない」のチェックを外します。
エクスプローラーの「ネットワーク」アイコンから、ネットワーク先にある各共有フォルダー(ホスト)にアクセスするには、ホスト、クライアントともに「ネットワーク探索」設定が有効になっている必要があります。

○設定手順

#Windows 10 (Build10240 正式版)でエクスプローラーの「ネットワーク」で共有フォルダーを表示するには
☆コントロールパネル(アイコン表示)から「ネットワークと共有センター」を選択します。「ネットワークと共有センター」から「共有の詳細設定の変更」を選択します。

#Windows 10 (Build10240 正式版)でエクスプローラーの「ネットワーク」で共有フォルダーを表示するには
☆「ネットワーク検索」の「ネットワーク探索を有効にする」をチェックして「変更の保存」ボタンをタップ/クリックします。

○Windows 10 (Build10240 正式版)で「新規フォルダー」を作成するショートカットキー

Windows 10 (Build10240 正式版)で「新規フォルダー」を作成するショートカットキー
☆デスクトップ上やエクスプローラーで「Ctrl」+「Shift」+「N」キーを押すと「新しいフォルダー」が出来上がります。

○Windows 10 (Build10240 正式版)で「新規フォルダー」を作成するリボン操作

Windows 10 (Build10240 正式版)で「新規フォルダー」を作成するショートカットキー
☆エクスプローラーの新規フォルダーを作りたい場所を開き、「ホーム」タブの「新規」内、「新しいフォルダー」をタップ/クリックします。
Windows 10 (Build10240 正式版)の標準設定では、「スクリーンセーバー」は設定されていません。
これは、表示デバイスとして「ブラウン管のモニタ」が利用されていた時代には、このブラウン管のモニタでは、長時間同じ画面を表示し続けると「焼きつく(電源を切っても画面が残ってしまう)」という現象があったため、その焼きつきを防止するための工夫として必要でした。
しかし、現在の液晶ディスプレイでは焼きつきという現象は存在しないため、機能としては必要ないのです。
それでも、任意にスクリーンセーバーを設定したい場合には、以下の設定に従います。

○設定手順

Windows 10 (Build10240 正式版)でスクリーンセーバーを設定するには
☆スタートメニューから「設定」を選択します。「設定」の「パーソナル設定」-「ロック画面」内、「スクリーンセーバー設定」をタップ/クリックします。

Windows 10 (Build10240 正式版)でスクリーンセーバーを設定するには
☆「スクリーンセーバーの設定」から任意のスクリーンセーバーを選択します。

Internet Explorer では、ひとつのウィンドウに複数のWebページを表示できる「タブブラウズ」というインタフェースが採用されています。
複数のWebページを表示しているときにInternet Explorerを終了させようとすると、「すべてのタブまたは現在のタブを閉じますか?」と書かれたダイアログが表示されます。
Internet Explorer の終了時にいちいち表示される「すべてのタブを閉じますか?」ダイアログを表示しないようにするには
このダイアログが毎回必要ないという場合には、以下の設定を適用します。

○「すべてのタブを閉じますか?」ダイアログを表示しない設定

Internet Explorer の終了時にいちいち表示される「すべてのタブを閉じますか?」ダイアログを表示しないようにするには
☆Internet Explorerの画面右上の「閉じる」をタップ/クリックします。「すべてのタブまたは現在のタブをを閉じますか?」ダイアログが表示されるので、「常にすべてのタブを閉じる」をチェックし、「タブをすべて閉じる」ボタンをタップ/クリックします。以後、ダイアログは表示されません。
Windows 10 (Build10240 正式版)では、従来のWindowsで使っていたアプリケーションが正常に動作しないことがあります。
そのようなときには、まず「互換性の設定」を試すようにします。
なお、この設定を実行する前に、まずアプリケーションのメーカーサイトで、Windows 10 (Build10240 正式版)への対応情報を確認することをオススメします。

○設定手順

Windows 10 (Build10240 正式版)でWindows XPのときに使っていたアプリケーションを動かすには
☆「互換性」機能を利用するには、アプリケーションの起動アイコンを長押しタップ/右クリックして、メニューから「プロパティ」を選択します。
Windows 10 (Build10240 正式版)に限らず、Windows XPを含めたWindows OS全般ではファイルをドラッグアンドドロップ操作する際、同じドライブに対して行うと「移動」になり、違うドライブに対して行うと「コピー」になります。
このドラッグアンドドロップによる「移動」操作を明確に指示したい場合には、以下のように操作します。

○ドラッグアンドドロップ操作で確実に「移動」を行う

同じドラッグアンドドロップ操作でも、ファイルが「コピー」になったり「移動」になったりする場合には
☆移動したいファイルを選択して、移動先のフォルダーにドラッグします。
Windows 10 (Build10240 正式版)にはウィンドウの操作方法がいくつかあります。
今回紹介するのは、表示されているウィンドウをすべて最小化してデスクトップを表示する方法です。

○表示されているウィンドウをすべて最小化する

Windows 10 (Build10240 正式版)のデスクトップに表示されているウィンドウをすべて最小化する方法

Windows 10 (Build10240 正式版)のデスクトップに表示されているウィンドウをすべて最小化する方法
☆デスクトップにウィンドウをいくつか配置します。タスク バーの時計の右側にある小さなボタン「デスクトップの表示」をタップ/クリックします。

ポケット百科WIDE Surface RT 知りたいことがズバッとわかる本 ポケット百科WIDE Surface RT 知りたいことがズバッとわかる本
  機能にフォーカスした場合、マルチディスプレイやUSBデバイス利用等々、iPadやNexusより優れる「Surface RT」の魅力や活用を丁寧に解説。Surface RTの優れたギミックはもちろん、Office 2013 RTの活用等々を解説。 [目次一覧]
Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻 Windows8/8.1 上級マニュアル 下巻 Windows 8.1 Update完全対応! Surface/ InstantGo/ Miracast/ OneDrive/ 改変された基本操作とポリシー/ ラピッドリリース/ 指紋認証/ ドキュメント管理/ 8インチタブレット/ エクスペリエンスインデックス/ 従量制課金接続/ テザリング/ iOS&Android OSからのWindows OS活用 [目次一覧]
ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス! ひと目でわかるWindows 8.1 操作・設定テクニック厳選200プラス![64bit&32bit&全エディション完全対応]
Microsoft MVPコンビが贈る 「進化&強化&変更された8.1」を徹底解説!!新操作&新機能&カスタマイズ&ショートカットキー等 必ず押さえたい新テクが満載! [目次一覧]
Windows 8.1完全制覇パーフェクト Windows [8.1] 完全制覇 パーフェクト ~32&64ビット完全対応!!
Microsoft MVPコンビが贈る Windows 8.1の解説書! 新しくなったスタート画面はもちろん、新機能の使いこなし、デスクトップ、アプリ、日本語入力、ネットワーク、ストレージ管理、カスタマイズ、メンテナンス等を包括的に解説!

ウェブページ

  • about

最新記事

最新記事の検索

Windows関連サイト